急な転勤!マイホームは売却?それとも賃貸?

全国に勤め先の支社があるという人は、いつ転勤になるかわかりませんよね。
自分は転勤の心配はないと安心しきっている人でもいつ転勤になるかわかりませんので、全国に支社を持つ会社に努めている人はいつ転勤かとひやひやするもの。
そうなるといつマイホームを買えばいいのかも迷ってしまいますが、これは家族で話し合ってマイホームの購入時を決める必要があります。
マイホームを購入した場合は二重生活を選ぶ人もいるかと思いますが、家族全員で行く場合はそのマイホームのあり方について考えなければなりません。
売却してしまうか、それとも他の人に貸して賃貸収入を得るか…迷いどころですね。
これに関しては家族でよく話し合うことが大切。
いつか戻ってくる可能性があるのなら賃貸がおすすめですし、もう戻る可能性がないのであれば売却してしまった方が良いでしょう。
せっかく建てた家を売却してしまうのは非常にもったいないことです。
しかしいつ戻ってくるかわからないのであれば、いつまでもそのままにはしておけませんよね。
転勤の前に売却をするか、賃貸にするかを決め、早めに手続を済ませておくと良いですよ。
バタバタすると転勤にも差し支えますので、速めの決断が重要となります。

 

住宅ローン返済中のマンションを売却したいとき

分割で返済していく場合は数十年の年月をかけて返済していくので、引っ越し等で入居しているにも関わらず、返済の期間中にマンションを売却することになった人もいるでしょう。
マンションの売却を考える場合、ローンは完済していないのに大丈夫なの?と心配になりますよね。
しかし、マンションにローンが残っていても売却することは可能です。

ただマンションの所有を他の人に譲渡するとになるので、その前にローンを一括で返済し、その所有権を取り戻してから売却することになります。

ローンを一括で返済となるととても大変ですが、マンション売却の際は大きな収入を得ることが多いもの。
その収入で返済することも可能なので、ローンの返済中に売却したいと思ったらローンを一括で返済する必要があると思っておきましょう。

ローンをそのままにマンションを売却というのは出来ません。なので、その点に関しても仲介してもらう不動産業者に相談すると良いですね。

マンション売却における火災保険の途中解約はどうなる?

マンションを所有しているなら、火災保険には必ず加入していると思います。
火災保険は万が一火事が起きた場合の保険です。
火事はどんなところも出起きる可能性があり、早めに気付かなければ大きな損害を出してしまいます。
運が悪ければ人を巻き込む恐れもありますので、損害だけでなくその賠償にも大きく関わってくるのです。
火災保険に入っておけば保証を受けることができますので、建物の損害を補修する費用などを出してもらうことができます。
火事はキッチンなどがあれば当然起きる可能性がありますし、その他にも電気ストーブなどでも起きる可能性があります。
どこの家庭でも起きる可能性があることなので、火災保険の加入は必須とも言えます。
この火災保険、マンションを売却するとなったらどうすればいいのか?と思いますよね。
火災保険の契約は大体2年となっているので、契約後に売却を決めることもあるでしょう。
火災保険は途中解約が可能です。
火災保険は契約時に保険金を支払いますが、途中解約した場合は保険期間以外の分を返金してもらえます。
そのためマンションを売却するときは必ず火災保険の解約も行いましょう。
そうすれば残りの分を返してもらえますよ。
違約金などもないので安心してくださいね。