不動産投資の売却で残債が残ってても売れる?

マンション売却

投資用のマンションやアパートなどの不動産を持っているものの、そろそろ売り時だと思うから売りたいと考えている人も多いでしょう。

売るなら売却手順を確かめてさっさと売ってしまいたいところですが、不動産購入時の残債が残っていたとしたら要注意。

ここでは不動産は残債があっても売却できるのか?できない場合はどうすればいいのかを紹介していきます。

不動産購入時の残債があると売却できない!

結論から言うと、不動産購入時の残債があるまま売却はできません。

残債=借金となるのですが、借金ということはどこからかお金を借りて、そのお金で不動産を購入していると思います。

その借金がある間は、お金を借りているところに不動産の所有権があることになります。借金を返し終えれば自分自身が不動産所有者となります。

つまり残債がある間は自分自身が不動産の所有者ではないため、不動産の売却が行えないという事なんです。

残債があっても売りたい!どうすればいい?

残債があると不動産の売却はできないとお話ししましたが、必ずしも売れないというわけではありません。

要は残債を全て完済すればOKなので、残債を完済できる可能性ある方法について紹介します。

不動産売却の査定依頼をしよう

不動産を売るとなれば、当然不動産の価値に値する売却金がもらえます。そのお金を残債にあてることで完済できるかもしれませんので、まずは不動産を査定してもらいましょう。

できるだけ売却金だけで残債を完済することが望ましいので、高く査定を出してくれるところを選ぶ必要があります。

査定依頼は複数の会社に頼もう

高く査定を出してもらいたい気持ちはもちろんあるけど、そんなのどうやったらわかるの?と気になりますよね。

高く査定を出してもらいたいなら、複数の不動産会社に査定依頼をしましょう。

一つの査定をもらうだけでは、査定額が高いのか安いのかを判別することができません。しかし複数の査定をもらえば、もらった分だけ比較ができます。

その中から高く査定してくれるところを選べばOKです。

複数の査定依頼を出したいという人におすすめのサイトが二つありますので、ここで紹介しましょう。

複数の不動産業者を紹介してくれるおすすめサイト2選

複数の不動産業者を自分で探すのはとても大変なこと。手間も時間もかかるので、途中でなげだしたくなってしまいます。

そんな人におすすめのサイトが2つありますので、ここで紹介しましょう。

イエウール

イエウールは一度査定依頼を出すことで、複数の不動産業者を紹介してもらえるサイトです。

依頼時に必要情報を入力することで、その情報に最適な不動産業者をイエウール側で判断し、全国の不動産業者の中からおすすめのところを厳選してくれるんです。

査定依頼から契約までの流れはとても簡単。まずはイエウールに無料登録をして必要事項を入力。それからイエウールがおすすめする業者を厳選し、一括査定依頼を出します。

おすすめ業者から査定結果が届いたら、その査定内容を比較。一番いいと思える不動産業者に連絡します。それから自宅に来てもらって査定をしてもらい、納得できる金額を提示してくれたらそのまま売買契約を結ぶという流れです。

紹介してくれる不動産会社は最大6社。全国1800社以上の中から厳選してくれますので、たった一度の査定依頼で6つの査定内容を知ることができるんです。

手間も時間もかからず終わるのでとっても楽ですよ。イエウールに登録しているのは優良企業ばかりなので、悪い業者に引っかかる恐れが少ないこともメリットの一つです。

\イエウールを詳しく知りたいならコチラ!/

リガイド不動産

リガイド不動産もイエウール同様、不動産を複数紹介してくれるサイトです。こちらも登録は無料、査定依頼も無料で行ってくれるので、手軽に依頼しやすくなっています。

リガイド不動産は13年間この事業を行っている老舗サイト。一括査定サービスはネットで検索するとたくさんのサイトが出てきますが、老舗サイトをすぐに見分けるのは難しいことです。

長く同じ事業を続けているのであれば不動産会社を見る目もとても厳しいので、本当に優良と言える企業だけを選別し、登録しています。

その分登録企業はイエウールに比べると少ないですが、悪徳に出会う可能性がより低くなるのも嬉しいポイントです。

またこちらは一度の査定依頼で最大10社まで見積りがもらえますので、タップリ比較をしたい人に特におすすめです。

査定依頼から売買契約までの流れはイエウールと同じです。わからないことはスタッフがしっかりと対応してくれますので、悩むことがあればすぐに相談できますよ。

\リガイド不動産を詳しく知りたいならコチラ!/

売却金で残債を完済できなかったらどうすればいい?

複数の不動産に査定依頼を出して一番高いところに売却したけど、それでも残債のすべては完済できそうにない…その場合も不動産売却はできるのかについて解説していきます。

足りない部分を現金で補う

ある程度の貯金があるのであれば、残債を貯金で完済することもおすすめ。売却金額が届かない部分を充填してもいいですね。

ただ最初から残債を現金で補うことは難しいと思うので、まずは査定依頼をして、それからどれくらいの売却金が望めるかを確認しましょう。

売却金が確認できたら残債を確認し、残債をどれくらい補えるかをチェックします。残債を下回る売却金であれば、残りの額を貯金で補えるかを見て、補えそうなら売却金と現金で完済してしまいましょう。

買い替えなら住み替えローンを組む

現在持っている投資用マンションを売却した後は、他の不動産を購入するつもりという人は住み替えローンを検討しましょう。

住み替えローンは通常の住宅ローンとは異なり、売却後の不動産購入費に現在の残債を上乗せしてローンを組むことができます。

これで完済することが可能なので、売却金と貯金で残債を補えない場合はこちらでもいいでしょう。

ただローンを組む額がとても高くなってしまうため、その分審査も厳しいものとなります。安定した収入とある程度の年収がなければ審査に通るかが難しいと思っておきましょう。

ここまでのまとめ

  1. 不動産売却の際には残債を完済しなければ売ることができない
  2. 残債が残っていても売却する方法はある
  3. 不動産売却のお金を残債に充てる
  4. 売却金+現金で残債を完済する
  5. 売却後に新たに不動産を購入するなら住み替えローンがおすすめ

不動産の残債があるからといって必ず売却できないとは限りません。

ここで紹介した3~5のいずれかを実践することで完済も可能なので、完済してしまえば投資用物件を売却することができるんです。

不動産を売却するのであれば売却に適した時期がありますので、その時期を見極めてから売ることも大切。適した時期に売ることで通常よりも高い価格で査定をしてもらえるかもしれませんので、売却金で完済できるよう、売る時期を慎重に見極めましょう。

投資用マンションを売却してスッキリ清算しよう

投資用マンションは良い時期に売ることでそれなりの価格が期待できます。購入時より価格が下回るのは当たり前と思っていても、土地の価格が高い時期に売れば購入時を上回る額を提示してもらえるかもしれません。

それくらい売却時期は大切なので、より高く売れる時期に売って利益が出るようにしましょう。

適当に売ると相場より低い価格で査定が出されるかもしれませんので、その時期に売るともったいないですよ。