アパートの売却で失敗!?失敗例から学べるポイント

マンション売却

所有しているアパートをそろそろ売ろうかなと考えていませんか?売るとなるととりあえず不動産探しから…となるかと思いますが、今回が初めての売却であればまずは不動産売却で失敗した例を見ておくと後々の参考になりますよ。

ここではアパート売却をするときに失敗したという声をリサーチ。どんな失敗例があるのかをまとめて解説していきます。

アパートの売却を希望通りの条件で済ませたい!という人は、まずは失敗例をきちんと見て、その失敗をしないようにしておきましょう。

アパートの売却で失敗した例とは?

アパートの売却で失敗なんてあるの?と思った人も多いかもしれません。不動産会社に任せていれば失敗もしそうにないものですが、実は意外と失敗例ってあるんです。

当サイトが失敗例をリサーチしてきましたので、ここからいくつかの例を紹介します。

物件が売れていないのに新居を買ってしまい、二重ローンを負うことに

物件を売る人の中には住み替えのために今の物件を売るという人もいます。売りに出す物権に住んでいる場合は、いつ売れても良いようにすぐに新たな住居を探すでしょう。恐らく売りに出してもすぐには売れないため、新しい住居を見つけてそちらに引っ越す方がタイミング的に早いケースが多いかと思います。

新しい住居を見つけて引っ越しも終わったから、これでいつ前の物件が売れても良い…そう思っていたのに現実は中々売れないもの。良い条件の物件でも、価格によってはすぐに買い手が見つからないこともあります。

新しい物件に引っ越した後であれば新しい物件の費用をローンで支払っているでしょう。それに加え、前の物件のローンもまだ残っているとなると二重のローンを毎月支払うこととなるのです。

実はこの二重ローンによって毎月大変な思いをしている人もいるんです。すぐに売れると思って新しい住居を購入したのに…と思うかもしれませんが、買い手が見つかるまでは時間がかかるため、売りに出して急いで次の住居を決めるというのは良くないかもしれません。

一社の査定しかしなかったために低い売却額で契約

不動産の売却をする場合は不動産屋に出向いて、物件を査定してもらう必要があります。査定してもらった額で納得できればその額で売りに出されますが、その査定額、自分の思い通りになりましたか?

不動産会社によって査定額は異なり、同じ物件でも高く査定するところと安く査定するところがあります。不動産会社によって査定基準が異なるため、査定員というよりはどこの不動産会社に査定を依頼するかによって査定額も変動するんですね。

多くの人は複数の会社に査定を依頼することが面倒、または一社に査定すれば充分と思いこみ、一社に絞って査定を依頼するかと思います。

しかしその依頼した不動産会社が低い査定額を提示するところだとしたらどうでしょう?自分の希望よりはるかに下回る額を提示されれば誰だってここに任せても良いものかと迷うもの。しかし不動産の営業マンはこの土地の物件ならこれくらいが妥当だと言って査定額を譲りませんから、それに押されて渋々契約なんてこともあります。

ですが探せばもっと高い不動産会社が見つかる可能性は十分にあります。そのため一つの不動産会社に絞って考えず、必ず複数の不動産に査定をしてもらうことがおすすめです。

不動産会社の情報を鵜呑みにして相場よりかなり低い売却額に

こちらも先ほどと同じような失敗例。不動産会社に査定を依頼し、提示された査定額で納得できるケースは少ないでしょう。自分の希望としてはもう少し高値だから、他の不動産に依頼しようか…と思っていたら、査定した不動産会社の営業マンは物件を獲得するために交渉をしてきます。

例えば

「この土地の地価はこれくらいだからこの査定額が妥当」
「他の不動産に行っても必ずこれくらいの査定額を出す」
「当社の基準の中でも、この査定額はより高いほう」

などと言われれば、じゃあこのまま契約に…と考えるかと思います。

しかし営業マンは常日頃からたくさんのお客様を相手にしているだけあって、やはり口が達者。真実をそのまま話す人も当然いるかと思いますが、中には少し話を盛っている人もいます。

不動産会社の営業マンが言ったことだから…とすべて信じず、他の不動産会社にも査定依頼を出してください。それでも査定額が変わらなければ、1円でも高く査定をしてくれる不動産と契約することがおすすめです。

内覧前に清掃していなかったことで買い手を逃がしてしまった

物件を売る場合、不動産と契約を交わしたら不動産会社が広告やネットなどで物件の宣伝を始めます。その宣伝を見た人の中から買い手が見つかるかもしれませんが、買い手が現れてもすぐに購入というわけではもちろんありません。買う前にまずはその物件の内覧をします。

内覧は実際に物件を訪れて、部屋の間取りや部屋の印象、または部屋についている設備などを確認する作業。これをしなければ物件購入にはまず至りませんので、内覧前に部屋の中を綺麗に片付けておくことが大切です。

なぜ部屋をキレイにしておかなければならないか。これは内覧に来る人の気持ちに立ってみると納得できます。あなたは汚い部屋とキレイな部屋、どちらに好印象を抱きますか?またどちらの物件を買いたいと思いますか?

汚い部屋は清潔感がないことから、誰の目から見ても魅力が半減。逆にキレイな部屋であればこの部屋良いかもと思えますので、購入者の心証がずいぶんと変わってくるのです。

宣伝を見てとても好印象だったからぜひ内覧をしたいという人が現れても、汚い部屋を見れば買う気がなくなってしまうかもしれません。このことから内覧前はキレイに掃除をしておくことがおすすめです。

時間に余裕がなかったせいで希望額の半額で売る羽目になった

不動産売却をする場合、不動産に査定依頼をして売買契約を交わし、それから不動産会社に宣伝をしてもらいます。宣伝後に買い手がすぐに現れればいいのですが、実際はそう上手くいかないケースがほとんど。

買い手が見つかり、契約に至るまでに平均半年ほどかかるとされています。かなり長い期間を要するため、余裕を持って売却する必要があるんです。

時間的に余裕がない状態で売却をし、遅くとも一か月くらいで売れると考えて色々と準備をしていたのに、なかなか売れないとなると焦りが出てきます。早く売りたいと不動産に相談しても、宣伝量を増やすくらいしかできないでしょう。

それでも不動産にプッシュすれば、売却額を下げることを推奨されるかもしれません。売却額を下げればそれだけ売れる可能性は上がります。しかし元の売却額によってはすぐに買い手が見つからず、どんどん売却額を下げる羽目に。

気付けば元の売却額の半額でようやく買い手が現れたというケースもあるんです。

時間に余裕がないと、急いで売るための焦りが出てきます。その結果希望額よりかなり減額した額での売却となってしまうため、時間に余裕を持って、半年はかかるものと考えておきましょう。

アパートの売却額を高く設定し過ぎた

アパートの売却額は不動産会社に査定を依頼し、その額にて販売されることがほとんど。しかしより高く売りたい、高く売らないと困るという場合は、提示された査定額を聞かず自分の希望通りの額で宣伝してほしいとお願いする人も。

誰しも高く売却額を設定したいものです。しかしその土地の価格やアパートの詳細によって査定額を不動産側が決めてくれます。不動産側は不動産会社の査定基準に沿って査定額を決めてくれますが、売り手側からすればもっと高くしてほしいと思うかもしれません。

だからといって不動産側が査定した額よりもはるかに高い額を設定してしまうと、やはり売れません。その土地の相場価格と同等の不動産を選ぶ人の方が勿論多いため、売買契約から半年以上たつのに買い手が現れない可能性も充分にあるのです。

不動産会社とあまりコミュニケーションをとらなかった

売買契約を交わした後、不動産会社が宣伝をして買い手を探してくれます。買い手を探してくれている間は売り手は何もすることはありませんが、その期間何もせずにただ待ち続けていて、結局半年以上買い手が見つからないまま…なんてケースもあります。

不動産会社はしっかりと宣伝してくれますが、ただ待つだけではなく、こまめに担当者に連絡をしてみることがおすすめ。こまめに連絡をすることで担当者が所有物件を忘れることなくしっかり宣伝してくれますので、この影響で売れる可能性もより高くなるでしょう。

アパート売却を考えるなら失敗例を参考にしよう

アパートの売却例による失敗例は意外に多いものです。しかし売却前に失敗例を見ておくことで、多くの人が経験した失敗例を避けることができます。よくある失敗例を知っていれば実際の売却の際に後悔することもありませんので、ここで紹介した失敗例を参考に、アパート売却を成功させてくださいね。